猛烈な暑さで疲れた時には休息だけでなく〇〇も大事です。

全国的に梅雨も明けましたが、梅雨明け宣言の前から人間の体温よりも高い気温になる日が増えてきましたね。

流石にここまで暑いと、外を出歩くのは冗談抜きにして命の危険を感じる事もありますし、毎日普通に生活するだけでも大変ですよね。

そして、じっとしてても汗をかきますし、室内と室外の気温差があるとカラダに大きく負担もかかりますから、いつも以上に疲れを感じやすいのではないでしょうか?

そうなると疲れを取るために休む事が大事ですが、実はしっかりと疲れを取るには、休むだけでなくて

軽い運動

が重要になります。

なぜなら、こういった暑さによる疲れはさまざまな原因はあるものの、血流が悪くなっている事が多いので、血流を良くするにはカラダを動かすと非常に良いんですね。

とはいえ、この暑さですと外での運動は軽くても危険ですし、何をしたら良いか迷ってしまうのではないでしょうか?

ストレッチは軽い運動!


実はそのような時こそストレッチがおすすめです。

ストレッチは先ほどの血流が良くなるのはもちろんの事

筋肉が柔らかくなる事でカラダが軽くなる
関節が良く動くようになるのでカラダが軽くなる
リラックス効果

があります。

そしてストレッチの効果を一番実感できるのが

人にやってもらうストレッチ

なんです。

ですので、ぜひ『リ・カラダ』の涼しい空間で、プロのストレッチを受けて夏の疲れを取ってみませんか?

有賀 健人 (あるが けんと)
/整体師・柔道整復師(『りらくすとれっち監修者』)

長野県出身。7歳でピアノ、14歳でドラムを始める。小中高では野球部に所属しながら音大進学を目指し、洗足学園音楽大学に入学。野球部時代の度重なるケガと、音大在学中に「カラダの使い方が変われば音も変わる」という体験から、整体師になることを決意する。卒業後、柔道整復師の国家資格を取得し、神奈川県内でトップクラスに来院数が多い整形外科のリハビリ室で当時最年少のリハビリ室長に就任。その後、別のグループ整骨院、整体院で院長、管理職などを歴任しながら、VIPの方々が来院される整体院でも修行をし、さまざまな技術を身に付け、2019年に独立。現在は完全紹介制の整体院を営む一方、ネットを中心に音楽家向けにカラダの大切さを伝える活動を行っている。