寝ても疲れが取れないのはなぜ?気をつけるべきポイントは!?

相変わらず気温の急激な変化や日々の忙しさで、なかなか疲れが取れない事が多いですよね。

疲れると寝たくなりますが、実は寝ただけでは疲れが取れません。

なぜなら、

頭の疲れ(脳の疲れ)

のせいで質の良い睡眠になっていないのです。

「頭の疲れを取る事が質の良い睡眠の鍵になる」のですが、では、どのようにしたら質の良い睡眠が取れるのでしょうか?

質の良い睡眠が取れるようになる方法


ポイントは『
自律神経』です。

「自律神経をどのように整えるか = 質の良い睡眠を取れるか」なのですが、やはり一番理想的なのは

リラックス

です。

頭の疲れは、自律神経のうちの交感神経が優位に働いてしまうので、この交感神経を抑えて副交感神経を優位にさせた状態で睡眠を取ると疲れもしっかり取れます。

そのためにリラックスが必要になるのですが、普通に暮らしていたらリラックスが難しいのが現代社会ですよね。

ですので、リラックスできるような場所へ行く、そういう環境に身を置く事が必要になってきます。

リ・カラダでは現役ミュージシャンのオーナーが、

ストレッチ✖️アートを掛け合わせたオリジナルの休息体験ができる空間

を提供しています。

この休息体験があなたの副交感神経を優位にし、質の良い睡眠をもたらしてくれるお手伝いになりますので、ぜひ体験にいらっしゃってくださいね。

有賀 健人 (あるが けんと)
/整体師・柔道整復師(『りらくすとれっち監修者』)

長野県出身。7歳でピアノ、14歳でドラムを始める。小中高では野球部に所属しながら音大進学を目指し、洗足学園音楽大学に入学。野球部時代の度重なるケガと、音大在学中に「カラダの使い方が変われば音も変わる」という体験から、整体師になることを決意する。卒業後、柔道整復師の国家資格を取得し、神奈川県内でトップクラスに来院数が多い整形外科のリハビリ室で当時最年少のリハビリ室長に就任。その後、別のグループ整骨院、整体院で院長、管理職などを歴任しながら、VIPの方々が来院される整体院でも修行をし、さまざまな技術を身に付け、2019年に独立。現在は完全紹介制の整体院を営む一方、ネットを中心に音楽家向けにカラダの大切さを伝える活動を行っている。