カテゴリー
ストレッチサロン

実は現代人は半分くらいの量しか呼吸できていない!?

少し衝撃的なタイトルをつけましたが、もちろん現代人全員ではありませんが、半分以上の現代人は呼吸がきちんとできていません。

ではなぜ、そうなってしまうのか?

それは『姿勢』が原因です。

特に前回もお話した『猫背』は本当に呼吸の量が少なくなります。

なぜなら猫背によって肺が十分に広がらなくなり、空気が肺にしっかりと入らなくなるからです。

そして呼吸の量が少ないと

・疲れやすい
・頭がぼーっとする
・睡眠の質が悪くなる

といったカラダにとって良くない事が色々と起こります。

呼吸一つで、カラダの状態は大きく左右されてしまうんですね。

では、呼吸を正常に戻すには何をしたら良いでしょうか?

色々な方法はありますが、前回猫背を治すストレッチも良いですが、一番は

『背中(背骨)を動かす』

事です。

背骨が動くと、肺を覆っている肋骨が動くようになるので、それにより肺が広がりやすくなります。

背骨を動かすのに、一番シンプルなのは『大きく伸びをする』ですが、それでも背骨が動くような感覚で伸びをするのは少し難しいかもしれません。

実はリ・カラダでは、ストレッチとは少し違うやり方で、必ず背骨周りの筋肉をほぐす事をしています。

これにより呼吸が少し変わるので、ぜひ一度体験してみてくださいね!

 

 

有賀 健人 (あるが けんと)
/整体師・柔道整復師(『りらくすとれっち監修者』)

長野県出身。7歳でピアノ、14歳でドラムを始める。小中高では野球部に所属しながら音大進学を目指し、洗足学園音楽大学に入学。野球部時代の度重なるケガと、音大在学中に「カラダの使い方が変われば音も変わる」という体験から、整体師になることを決意する。卒業後、柔道整復師の国家資格を取得し、神奈川県内でトップクラスに来院数が多い整形外科のリハビリ室で当時最年少のリハビリ室長に就任。その後、別のグループ整骨院、整体院で院長、管理職などを歴任しながら、VIPの方々が来院される整体院でも修行をし、さまざまな技術を身に付け、2019年に独立。現在は完全紹介制の整体院を営む一方、ネットを中心に音楽家向けにカラダの大切さを伝える活動を行っている。

カテゴリー
ストレッチサロン

猫背に実はストレッチがかなり有効です!

現代人の多くが悩む猫背。

そして猫背は、気がついたらなってしまっている方が多いと思います。

猫背に関しては本当に色々と情報が溢れていますが、すごくシンプルに考えてみると

カラダを支える力が弱い

につきます。

もちろんその弱い場所が一人一人少し違ってくるのですが、それでも大体弱ってくる場所は似てきます(最後の方でその場所を紹介しています)。

ただ、弱いと聞くと

よし、ならば筋トレだ!

と思うかもしれませんが、実は筋トレよりもまずはストレッチのほうが大事です。

なぜなら、弱っている筋肉にいきなり筋トレで負荷をかけ過ぎると逆にケガをしてしまう可能性があるからです。

また「弱っている筋肉=普段使えていない筋肉」なので、すごく硬いです。

ですので、まず最初にストレッチで筋肉を動かしてあげる必要があります。

特に股関節周り、肩甲骨周りのストレッチをきちんと行うと、弱くて硬くなった筋肉がほぐれていき、段々と弱かった筋肉が日常生活でも使えるようになってくるので、そこから更に強化したい場合に筋トレをすると良いでしょう。

リ・カラダではこの股関節や肩甲骨周りのストレッチは丁寧に入念に行っていますので、猫背が気になる方はぜひリ・カラダでプロのストレッチを体験してみてくださいね!

有賀 健人 (あるが けんと)
/整体師・柔道整復師(『りらくすとれっち監修者』)

長野県出身。7歳でピアノ、14歳でドラムを始める。小中高では野球部に所属しながら音大進学を目指し、洗足学園音楽大学に入学。野球部時代の度重なるケガと、音大在学中に「カラダの使い方が変われば音も変わる」という体験から、整体師になることを決意する。卒業後、柔道整復師の国家資格を取得し、神奈川県内でトップクラスに来院数が多い整形外科のリハビリ室で当時最年少のリハビリ室長に就任。その後、別のグループ整骨院、整体院で院長、管理職などを歴任しながら、VIPの方々が来院される整体院でも修行をし、さまざまな技術を身に付け、2019年に独立。現在は完全紹介制の整体院を営む一方、ネットを中心に音楽家向けにカラダの大切さを伝える活動を行っている。

カテゴリー
ストレッチサロン

長時間イスに座っていると発生するカラダに悪い事3選

どうしてもこの現代社会で仕事をしている方は、イスに座る時間が長くなってしまうと思います。

座りっぱなしはカラダに良くないと分かっていても気がついたら長く座ってるんだよね〜

となってしまう方がほとんどではないでしょうか?

でも実は、人のカラダは基本的に座る事には適していないので、長時間座っているとカラダに結構怖い事が起こります。

代表的なのが

・寿命が短くなる
・新型コロナが重症化しやすい
・メンタルにダメージを与える

といったところでしょうか。

そうなんです。

実は何気に長時間座っていると、これだけ将来的にカラダに(ココロに)悪影響が及ぶと知ると、怖くなってきますよね?

ですので、本当に座り過ぎは良くないのですが、だとしたら何をしたらこの悪影響を避けられるのでしょうか?

方法はいくつもありますが、今すぐできる事は

頻繁に立つ

事です。

理想は30分に一回。

長くても45分に一回は立つ事で、将来の健康が決まるといっても過言ではないと思います。

そこから更に、下半身を中心にストレッチをしてあげると、より悪影響のリスクを回避できます。

ですので、ぜひストレッチを日常の中に取り入れてみてください。

理想はプロのストレッチを受けてもっと元気になる事ですから、将来の自分のためにもリ・カラダへお越しくださいね!

有賀 健人 (あるが けんと)
/整体師・柔道整復師(『りらくすとれっち監修者』)

長野県出身。7歳でピアノ、14歳でドラムを始める。小中高では野球部に所属しながら音大進学を目指し、洗足学園音楽大学に入学。野球部時代の度重なるケガと、音大在学中に「カラダの使い方が変われば音も変わる」という体験から、整体師になることを決意する。卒業後、柔道整復師の国家資格を取得し、神奈川県内でトップクラスに来院数が多い整形外科のリハビリ室で当時最年少のリハビリ室長に就任。その後、別のグループ整骨院、整体院で院長、管理職などを歴任しながら、VIPの方々が来院される整体院でも修行をし、さまざまな技術を身に付け、2019年に独立。現在は完全紹介制の整体院を営む一方、ネットを中心に音楽家向けにカラダの大切さを伝える活動を行っている。

カテゴリー
ストレッチサロン

痛みが出た時は冷やしたほうが良い?温めたほうが良い?

痛みが出た時、あなたはどうしますか?

冷やす
湿布を貼る
薬を飲む

どれも間違いではありませんが、実は痛みが出た時にこれらをしないほうが良い場合があります。

もちろん絶対にやってはいけないわけではなく、これらよりも効果的な方法があるという話です。

というのも、実は痛みは大きく分けて2種類あり、

急性痛
慢性痛

というのがあります。

細かい話になるとすごく難しくなるので簡単にお話しますと、

急性痛=ぶつけた、捻った、転んだなどのケガ
慢性痛=きっかけがわからない痛み

と思っていただければ大丈夫です。

そのうち先ほどの3つが有効なのが急性痛です。

急性痛は炎症があるので、その炎症を抑えるのに先ほどの3つ(冷やす、湿布を貼る、薬を飲む)が効果的なのですが、慢性痛にはあまり効果的ではありません(全く効かないわけではありません)。

では、慢性痛の時は何をしたら良いのでしょうか?

実は慢性痛の場合は

温める

事が有効です。

もちろん慢性痛で、あまりにひどい痛みの時は病院へ行ってほしいのですが、そうでなければまず温めてください。

お風呂が理想ですが、いつでも入れるわけではないので、今すぐできるものといえば『ストレッチ』です。

特に全身のストレッチは非常に効果的なので、ぜひお試しを!

そしてより効果を感じたい時は、ぜひ『リ・カラダ』のストレッチを体験してみてくださいね!

有賀 健人 (あるが けんと)
/整体師・柔道整復師(『りらくすとれっち監修者』)

長野県出身。7歳でピアノ、14歳でドラムを始める。小中高では野球部に所属しながら音大進学を目指し、洗足学園音楽大学に入学。野球部時代の度重なるケガと、音大在学中に「カラダの使い方が変われば音も変わる」という体験から、整体師になることを決意する。卒業後、柔道整復師の国家資格を取得し、神奈川県内でトップクラスに来院数が多い整形外科のリハビリ室で当時最年少のリハビリ室長に就任。その後、別のグループ整骨院、整体院で院長、管理職などを歴任しながら、VIPの方々が来院される整体院でも修行をし、さまざまな技術を身に付け、2019年に独立。現在は完全紹介制の整体院を営む一方、ネットを中心に音楽家向けにカラダの大切さを伝える活動を行っている。

カテゴリー
ストレッチサロン

疲れた時にストレッチをすると良い場所3選

ストレッチは色々と良い効果がありますが、やはり1番のメリットは

疲れが取れる事

ではないでしょうか?

ストレッチは運動不足解消にも繋がりますし、なにしろ気持ちが良いので本当におすすめします。

とはいえ、日々の生活の中でストレッチをしっかりやろうとするのは、時間がかかってしまうのもありますし、何から始めたら良いかが、わからないですよね?

そんな時は、今からお伝えする3つの場所をストレッチするだけでも疲れが取れるので、ぜひ参考にしてみてください。

・内転筋(内もも)
・臀筋(お尻)
・腹斜筋(わき腹)

この3つです。

この3つの場所をストレッチすると、完璧に疲れが取れるとまでは言えませんが、少なくとも翌日のカラダの調子に変化が現れます。

そしてポイントは

気持ちいいところで動きを止めて呼吸をする事

です。

どうしてもストレッチを頑張ろうとすると、余分な力が入ってしまい、息を止めがちになります。

そうなるとストレッチによって本当は緩む筋肉が、ギュッと緊張してしまい、疲れが取れにくくなってしまいますので、ぜひ呼吸を意識してストレッチをしてみてください。

もし細かいポイントを知りたかったり、より効果を出したい時は一度プロのストレッチを受けて、その感覚を参考にしてみてくださいね!

有賀 健人 (あるが けんと)
/整体師・柔道整復師(『りらくすとれっち監修者』)

長野県出身。7歳でピアノ、14歳でドラムを始める。小中高では野球部に所属しながら音大進学を目指し、洗足学園音楽大学に入学。野球部時代の度重なるケガと、音大在学中に「カラダの使い方が変われば音も変わる」という体験から、整体師になることを決意する。卒業後、柔道整復師の国家資格を取得し、神奈川県内でトップクラスに来院数が多い整形外科のリハビリ室で当時最年少のリハビリ室長に就任。その後、別のグループ整骨院、整体院で院長、管理職などを歴任しながら、VIPの方々が来院される整体院でも修行をし、さまざまな技術を身に付け、2019年に独立。現在は完全紹介制の整体院を営む一方、ネットを中心に音楽家向けにカラダの大切さを伝える活動を行っている。