忙しいアナタに贈る!ココロとカラダを整える7つの休養法

皆さん、こんにちは! 

今年も残すところあとわずかとなってきました。今年はコロナの規制も緩和され、だいぶ日常が戻ってきた感じがしますね。

それだけに忙しく、1年があっと言う間だと感じた方も多いのではないでしょうか。

この時期、1年を振り返り、しっかりとした休息を取る事が大切ですので、今日はアナタに役立つ「7つの休養方法」をご紹介します。

今年1年の疲れを癒し、新しい年を迎える準備をしましょう!

アナタに合った心身のリフレッシュ方法は?

  1. 休息タイプ: 最も一般的な休養方法です。良質な睡眠や短い仮眠で、心身をリラックスさせてください。

  2. 運動タイプ: 軽い体操やヨガなど、カラダを動かして血液の循環を促し、疲れを緩和させましょう。

  3. 栄養タイプ:適度な食事はカラダを休ませます。「腹八分目」を心がけ、時にはプチ断食で内臓を休めるのも効果的です。

  4. 交流タイプ:人との会話や動物との触れ合い、自然との交流が精神的なリフレッシュにつながります。

  5. 趣味タイプ:自分の好きな事、たとえば楽器演奏や映画鑑賞で、ココロを癒やしましょう。

  6. 創作タイプ:DIYや料理、想像力を使う活動は、創造的な休養になります。

  7. 変化タイプ: 環境を変える事で気分転換を。海外旅行や外食、部屋の模様替えなどがオススメです。

自己ケアの方法は?

リ・カラダに来店されるお客様の多くは40代、50代の方。この世代は働き盛りで、家庭や仕事などで多忙ですよね。

ですが、これらの休養タイプを組み合わせることで、より効果的に疲れを癒やす事が出来ます。

ご自身で実践される際は、「今、自分がどの休養方法を一番必要としているか(どれが自分に合った休息方法か/ストレス解消方法か)」を自己診断出来ると良いですね!

皆様が今年1年頑張った分、ココロもカラダもしっかりと休めるように、これらの休養方法をぜひ活用してください。

新しい年が皆様にとって幸せで健康的なものとなるよう、心より願っています♪

※ちなみにリ・カラダの施術「りらくすとれっち」は「2.運動」を軸にしつつ、スタッフとの会話で「4.交流」、クラシックやジャズのBGM、店頭の絵画などで「5.趣味」、施術中に気持ち良くて寝ている方にとっては「1.休息」、自宅ではなく、来店してちょっと贅沢なリラックスタイムを作る事で「7.変化」などの休養方法を同時に体験していただいています!(「質の高い休息」を目指しています!)

また、リ・カラダのある音ラク空間は、音楽教室(マウントフジ・ミュージックスクール)が併設されているユニークなスペースです。

「楽器を習う事」も、「2.運動」「4.交流」「5.趣味」「6.創作」「7.変化」といった休養タイプを含んでいますので、ぜひ当店でアナタに合った『心身の健康のためのバランスの取れたライフスタイル』を見つけてみてください!

音ラク空間オーナー
株式会社マウントフジミュージック代表
トロンボーン奏者/講師
藤井裕樹(フジイヒロキ)

藤井 裕樹 (ふじい ひろき)/オーナー

ストレッチでココロとカラダをリラックス♪

音楽家として、テーマパークのパフォーマー、有名アーティストのバックバンド、ヤマハ音楽教室講師などを歴任した経験から、日々のカラダメンテナンスの大切さを実感。ストレッチを取り入れた音楽教室のメニューは生徒に定評があり、より広く普及させたいという想いから、2022年3月に『音ラク空間』西葛西店をオープン。