年末ごろからインフルエンザ、そして最近ではまたコロナも増えてきている印象があります。

皆さんの周りではいかがですか?

こうした感染症から身を守るために、多くの人がワクチン接種や医薬品に頼ってきました。

しかし、これらはあくまで感染のリスクを下げ、症状を緩和する“かもしれない”手段であって、根本的な解決にはなりません。

そこで注目されるのが「免疫力」のアップです。

免疫力を高める事は、病気にかかりにくくなるだけでなく、もし感染しても軽症で済む可能性が高まります(本来はワクチンではなく、自然の免疫力でこの効果を得られるに越した事がないですよね!)。

では、日常生活で免疫力を高めるためにはどのような事に注意すればよいのでしょうか。以下に4つの基本ポイントを紹介します!

1. 適度な運動を心がける

運動は免疫システムを活性化させる効果があります。特にウォーキングやヨガ、ストレッチなどの“軽い”運動は、ストレス解消にも繋がり、免疫力の向上に効果的です。毎日の生活に取り入れやすい運動を見つけ、継続する事が大切です。

2. バランスの良い食事をとる

免疫力を高めるには、栄養素がバランス良く含まれた食事が必要不可欠です。たんぱく質、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、ポリフェノールなど、免疫機能をサポートする栄養素を意識して摂取しましょう。

また、発酵食品を取り入れる事で腸内環境を整え、免疫力を高める効果が期待出来ます。

参考:免疫力を高める食事とは(公益財団法人長寿科学振興財団)

3. 十分な睡眠(休息)を取る

睡眠不足は免疫力の低下を招きます。特に深い睡眠は、カラダの修復や免疫システムの強化に不可欠。

個人差はあるかもしれませんが、一晩に7〜8時間の睡眠を目指し、質の良い睡眠を心がけましょう。

参考:『忙しいアナタに贈る!ココロとカラダを整える7つの休養法』

4. ストレスを適切に管理する

ストレスは、免疫システムの働きを弱める原因となります。

リラクゼーションや趣味の時間をもつ事、友人や家族との良好な関係はストレスを軽減する効果が期待出来ます。

また、整体やマッサージを定期的に受ける事で、カラダの緊張をほぐし、免疫力のアップに繋がります。

全国統一免疫対策テスト

最近、NHKの番組キャラクターのチコちゃんを起用した車内広告をよく見かけませんか?

『全国統一免疫対策テスト』、僕も通勤途中にやってみました!(84点でした/15問中13問正解)

※下記の画像の後にテストの答えやポイントを記載しますので、テストを受けてみたい方は後でご覧ください!

・睡眠時間を削ると、免疫が低下し、感染リスクが2.5倍になる!(5時間未満の人は要注意)

・睡眠において重要なのは、寝る時間より「起きる時間」を一定にする事

・眠りが浅いと感じた時にやったほうが良いのは「寝る3時間前に夕食を済ませる」(寝る直前に食べない)

・肥満の人は感染症リスクが高い

・免疫の向上に逆効果の運動は「ハードなトレーニング」(軽い有酸素運動やストレッチは効果的)

※ハードな運動は交感神経を刺激し、免疫機能を担うリンパ球やNK細胞、キラーT細胞などを減少させ、一時的に免疫を低下させてしまう

・1日の中でウォーキングに適している時間帯は「夕食後」(就寝直前ではありません)

・免疫のための筋力アップで効果的な部位は「ふくらはぎ」(第二の心臓)

※通勤中に階段を使う、つま先立ちをするなどして鍛えましょう!

・免疫力の衰えは20代から始まっている

・免疫機能が正常に働く体温は36.5〜37度(低体温の方は要注意/カラダを温めましょう!)

・気温が15度以下で乾燥しやすい季節は風邪をひきやすい(ウイルスが活性化しやすい)

・免疫力アップで「肌の調子」や「目の疲れ」にも効果が期待出来る

まとめ

免疫力を高める事は、感染症から身を守るだけでなく、日々の生活の質を高める事にも繋がります(生産性が上がり、仕事の効率もアップします)

睡眠不足で仕事をしてもミスが多くて、結果やり直しになったり、無理して働いて風邪やインフルエンザになって仕事を休み、復帰後のほうが大変になってしまったという経験のある方、多いのではないでしょうか。

月並みな言葉ですが、やはり「健康第一」

そのキーワードがワクチンや薬ではなく、『免疫力』だと僕は考えています!

『健康寿命のアップ』のためにも、「免疫力」を意識してみてください!

参考:長生きだけじゃない!健康で充実した人生を送るための秘訣

音ラク空間オーナー
株式会社マウントフジミュージック代表
トロンボーン奏者/講師
藤井裕樹(フジイヒロキ)

藤井 裕樹 (ふじい ひろき)/オーナー

ストレッチでココロとカラダをリラックス♪

音楽家として、テーマパークのパフォーマー、有名アーティストのバックバンド、ヤマハ音楽教室講師などを歴任した経験から、日々のカラダメンテナンスの大切さを実感。ストレッチを取り入れた音楽教室のメニューは生徒に定評があり、より広く普及させたいという想いから、2022年3月に『音ラク空間』西葛西店をオープン。

新年あけましておめでとうございます。

今年は元旦から能登で大地震があり、翌日は羽田空港で、その支援に向かおうとしていた海保機と日航機が衝突するというショッキングな災害、事故での幕開けとなってしまいました。

被害に遭われた方々、そしてご遺族の皆様に心からお悔やみを申し上げます。

この出来事をどう受け止めるかは人それぞれだと思いますが、『命の大切さ』や『日々感謝をし、精一杯生きる事』を改めて教えていただけたと個人的は感じていますので、今年最初のこのブログでも、より前向きになれる内容をお伝えしていきましょう!

トップの写真がどなたなのかは後半で!

人生100年時代!

日本は世界でも有数の長寿国であり、高齢化社会の進んでいる国ですよね。

厚生労働省の統計によると、日本の平均寿命は2023年の段階で男性は81.05歳、女性のは87.09歳でした。

下記は少し前のニュースですが、厚労省は2020年度の「厚生労働白書」で、2040年に65歳になる人は女性の2割が100歳まで、男性の4割が90歳まで生きるという推計を発表しています。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000196358.html

「人生100年時代」も現実になってきているという事ですね。

そうなると、より重要なのは、「平均寿命」よりも「健康寿命」という概念ではないでしょうか。

「平均寿命」と「健康寿命」

改めてこの2つの違いをおさらいしておきましょう。

「平均寿命」→単純に人が生きる期間の平均

「健康寿命」→健康上の問題で日常生活が制限されることなく生きられる期間

健康寿命の延伸がカギ

私たちの目標は、単に長生きする事ではなく、健康で質の高い生活を長く維持する事にあります。

そのためには、下記の3つがポイントになりますね。

・適度な運動と休息
・栄養バランスの取れた食事
・心身のストレスの解消

ココロとカラダをメンテナンスする大切さ

年末のブログでも書かせていただいた内容とも関係しているのですが、働き盛りの日本人の多くは「休養・休息」が足りておらず、結果として「健康寿命の延伸に影響を及ぼしている」とも言えるのではないでしょうか。

「働き方」「休息の取り方」「ストレスの解消の仕方」といった要素が「人生100年時代にアップデートされていない」ように僕には感じています。

上記は総務省のHPにあった2005年と2050年を比べたデータですが、約25年後には人口減少と共に、高齢者が人口の約40%になると予想されています。

現在50歳の方は2050年に75歳になり、もしも100歳まで生きるとしたら、そこからさらに25年生きるという事ですよね。

若年層、働き盛りの人口が減るという事は、それだけに「自立」が重要になります(介護をする側の人口が減る可能性、金額が高くなる可能性があります)。

国の社会保険の支出が増え、健康保険の自己負担が増える可能性、年金の受給年齢が先送りに可能性、金額そのものが減る可能性もあり、財布の紐を閉める必要があるかもしれない事は理解出来ますが、その前に健康を損なってしまっては元も子もありません

アナタの100歳のイメージは?

アナタはご自身の100歳の時の姿が想像出来ていますか?

ちなみに僕は今年が45歳。2079年(55年後)に100歳になります。これまで生きてきた期間よりも長いので(まだ半分も生きていないので)、これから先がかなり長いというイメージは出来ます。

それと同時に、「ココロとカラダの健康に気を遣っていないと、100年も持つわけがない」というイメージも出来ますね。

僕は現役ミュージシャンでもあるので、これから先も楽器の演奏が出来るカラダでいたいですし、この年末年始は久々に海外(ベトナム・ハノイ)で過ごしたのですが、「人生の中で出来るだけ多くの国に行ってみたい」という想いがあるので、海外旅行が出来る体力や足腰はとても重要なポイントです。

「私が100歳の時にこうありたい」という想いを少しでもイメージ出来れば、「健康のために今から何をしておく必要があるか」、答えを見出す事が出来るのではないでしょうか。

リ・カラダに出来る事

「音ラク空間」及び「ストレッチ整体リ・カラダ」は、『音楽とリラクゼーションでココロもカラダも健康に♪』をコンセプトにして皆様にサービスを提供させていただいています。

『りらくすとれっち』は一般的な「もみほぐし」「指圧」「マッサージ」のような「カラダのみ」にフォーカスした施術とは違い、音楽、絵画、香りといった要素も用い、ココロ、カラダの両面から「本質的な健康」を目指します(ココロとカラダは双方に関係していて、ココロを整える事はカラダに、カラダを整える事はココロの健康につながっています。どちらのメンテナンスが欠けても健康にはならないと考えています)。

また、このブログでお伝えしている「健康寿命の延伸」のポイントは『自立』ですので、普段からご自身でも出来るセルフストレッチのアドバイスもさせていただいています(本来はご自身である程度のメンテナンスを日常的に行い、月に1回、隔週くらいでご来店していただくのが理想です。ご自身でもメンテナンスを行ったうえで毎週通っていただくのは良いのですが、他力本願過ぎるのは良くありません)。

本年も出来る限り、皆様のココロとカラダの健康のサポートやアドバイスをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします♪

※トップの写真に使用させていただいたのは、Dick Nashというトロンボーン奏者です(「ティファニーで朝食を」「酒とバラの日々」などのサントラで演奏している方です)。

2017年にアメリカ・ロサンジェルスでお会いしました。当時は89歳で、まだ演奏もされていて、素晴らしい音でした!

こんな年の取り方をしたいですね(下記のYouTubeは3ヶ月ほど前、95歳の動画です)。

音ラク空間オーナー
株式会社マウントフジミュージック代表
トロンボーン奏者/講師
藤井裕樹(フジイヒロキ)

藤井 裕樹 (ふじい ひろき)/オーナー

ストレッチでココロとカラダをリラックス♪

音楽家として、テーマパークのパフォーマー、有名アーティストのバックバンド、ヤマハ音楽教室講師などを歴任した経験から、日々のカラダメンテナンスの大切さを実感。ストレッチを取り入れた音楽教室のメニューは生徒に定評があり、より広く普及させたいという想いから、2022年3月に『音ラク空間』西葛西店をオープン。

皆さん、こんにちは! 

今年も残すところあとわずかとなってきました。今年はコロナの規制も緩和され、だいぶ日常が戻ってきた感じがしますね。

それだけに忙しく、1年があっと言う間だと感じた方も多いのではないでしょうか。

この時期、1年を振り返り、しっかりとした休息を取る事が大切ですので、今日はアナタに役立つ「7つの休養方法」をご紹介します。

今年1年の疲れを癒し、新しい年を迎える準備をしましょう!

アナタに合った心身のリフレッシュ方法は?

  1. 休息タイプ: 最も一般的な休養方法です。良質な睡眠や短い仮眠で、心身をリラックスさせてください。

  2. 運動タイプ: 軽い体操やヨガなど、カラダを動かして血液の循環を促し、疲れを緩和させましょう。

  3. 栄養タイプ:適度な食事はカラダを休ませます。「腹八分目」を心がけ、時にはプチ断食で内臓を休めるのも効果的です。

  4. 交流タイプ:人との会話や動物との触れ合い、自然との交流が精神的なリフレッシュにつながります。

  5. 趣味タイプ:自分の好きな事、たとえば楽器演奏や映画鑑賞で、ココロを癒やしましょう。

  6. 創作タイプ:DIYや料理、想像力を使う活動は、創造的な休養になります。

  7. 変化タイプ: 環境を変える事で気分転換を。海外旅行や外食、部屋の模様替えなどがオススメです。

自己ケアの方法は?

リ・カラダに来店されるお客様の多くは40代、50代の方。この世代は働き盛りで、家庭や仕事などで多忙ですよね。

ですが、これらの休養タイプを組み合わせることで、より効果的に疲れを癒やす事が出来ます。

ご自身で実践される際は、「今、自分がどの休養方法を一番必要としているか(どれが自分に合った休息方法か/ストレス解消方法か)」を自己診断出来ると良いですね!

皆様が今年1年頑張った分、ココロもカラダもしっかりと休めるように、これらの休養方法をぜひ活用してください。

新しい年が皆様にとって幸せで健康的なものとなるよう、心より願っています♪

※ちなみにリ・カラダの施術「りらくすとれっち」は「2.運動」を軸にしつつ、スタッフとの会話で「4.交流」、クラシックやジャズのBGM、店頭の絵画などで「5.趣味」、施術中に気持ち良くて寝ている方にとっては「1.休息」、自宅ではなく、来店してちょっと贅沢なリラックスタイムを作る事で「7.変化」などの休養方法を同時に体験していただいています!(「質の高い休息」を目指しています!)

また、リ・カラダのある音ラク空間は、音楽教室(マウントフジ・ミュージックスクール)が併設されているユニークなスペースです。

「楽器を習う事」も、「2.運動」「4.交流」「5.趣味」「6.創作」「7.変化」といった休養タイプを含んでいますので、ぜひ当店でアナタに合った『心身の健康のためのバランスの取れたライフスタイル』を見つけてみてください!

音ラク空間オーナー
株式会社マウントフジミュージック代表
トロンボーン奏者/講師
藤井裕樹(フジイヒロキ)

藤井 裕樹 (ふじい ひろき)/オーナー

ストレッチでココロとカラダをリラックス♪

音楽家として、テーマパークのパフォーマー、有名アーティストのバックバンド、ヤマハ音楽教室講師などを歴任した経験から、日々のカラダメンテナンスの大切さを実感。ストレッチを取り入れた音楽教室のメニューは生徒に定評があり、より広く普及させたいという想いから、2022年3月に『音ラク空間』西葛西店をオープン。

カラダリカバリーサロン ストレッチ整体「リ・カラダ」では、時短で働けるスタッフを若干名募集しています。

たとえばこんな方にオススメ!

・子育てが一段落し、何かやりがいのある仕事を探している方

・学生時代に運動部の経験があり、カラダメンテナンスに興味がある方

・音楽家との副業など、ダブルワークで働きたい方(音楽が好きな方) etc.

ユニークな職場♪

運営の「株式会社マウントフジミュージック」は、社名の通り、音楽事業(音楽教室や楽譜販売、演奏家派遣など)をメインに行っており、現在、代表の藤井裕樹もトレーナーとして現場で施術を担当しています。

自身がトロンボーン奏者として東京ディズニーリゾートのパフォーマー、矢沢永吉さんのような有名アーティストのツアーサポートに携わった経験から「音楽家も一般の方もココロやカラダのメンテナンスはとても大切!」と感じ、2022年3月、江戸川区西葛西に音楽教室・レンタルスタジオにリラクゼーションサロンを併設したユニークなお店「音ラク空間(おんらくくうかん)」をオープンしました。

当初リラクゼーション事業はフランチャイズのストレッチ専門店として開業しましたが、他店との圧倒的な差別化を図り、より多くのお客様に喜んでいただけるお店にするため、同年10月末をもってフランチャイズ契約を解除、11月から自社オリジナルのカラダリカバリーサロン ストレッチ整体「リ・カラダ」として営業を開始しました。

「ストレッチ整体/りらくすとれっち」は、国家資格取得の音大卒の整体師(柔道整復師)、有賀健人氏の監修で、「ストレッチの気持ちよさ」と「骨をバキバキやらないやさしい整体」を組み合わせたオリジナルメニュー。さらに、オーナー藤井作曲のBGMのほか、クラシックやジャズ、店内に展示された絵画や花、香り付きのホットアイマスクの使用など、アーティストならではとも言えるこだわりで、「カラダだけでなくココロもしっかり整う、休まるサロン作り」を心がけています。

未経験者可!募集内容の詳細

募集形態:アルバイト、業務委託(優秀な方は社員登用の可能性あり)

時給・報酬:1,200円から(未経験の場合)※経験者、有資格者は考慮しますので面接等でご相談ください。

必要な条件:土日を中心に働ける方(毎週、全てでなくても構いません)/短期でなく、継続の意志がある方

研修:有り(未経験者、経験者によって状況が変わるため、期間の設定はしていません)

経験の有無:研修を行うため、未経験者でも可能です。当店は「1時間3,000円もみほぐし」のようなお店より質の高いお客様がいらっしゃいますので、社会人としてのスキルや一般常識を重視します。正直なところ、「他のチェーン店で少し稼働経験があります、という社会人経験の短い方」よりも、「施術は未経験だが、運動や音楽を通じてカラダのメンテナンスやトレーニングに興味がある社会人経験の長い方」のほうが適しています。場合によっては、併設の音楽教室講師とも掛け持ちが出来る可能性がありますので、そういったユニークな働き方をしてみたい方、ぜひご応募ください!

☆応募方法:履歴書(連絡先必須)を添えて、下記E-mailアドレス宛に送付をお願いいたします。

info@mtfujimusic.com

※書類審査を通過した方のみご返信いたします。
※お問い合わせも上記E-mailアドレス宛にお願いいたします。

※音楽教室講師単独での応募も可能です。
詳細はコチラ

「株式会社マウントフジミュージック」代表取締役
「音ラク空間(おんらくくうかん)」オーナー
藤井裕樹

藤井 裕樹 (ふじい ひろき)/オーナー

ストレッチでココロとカラダをリラックス♪

音楽家として、テーマパークのパフォーマー、有名アーティストのバックバンド、ヤマハ音楽教室講師などを歴任した経験から、日々のカラダメンテナンスの大切さを実感。ストレッチを取り入れた音楽教室のメニューは生徒に定評があり、より広く普及させたいという想いから、2022年3月に『音ラク空間』西葛西店をオープン。